読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え!シンプルの購入後レビュー 2017年度

」と言うのは、ある意味目から鱗でした。力んで勉強しなくてはと言う思いから!肩から力を抜いて!筋トレのつもりで取り組む勇気が涌いてきました。とにかく割り切ること。

コチラですっ!

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

シンプル村上式シンプル英語勉強法 [ 村上憲郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

「世界語である英語を話せる人になりたいか、なりたくないか」という言葉に本当に「目から鱗」でした。読むことが基本!平行して単語を“眺める”。そのうちまた読み返してみようと思います。(立ち読みでも通読できたかな)、いやいや一念発起したばかり、手元においてひたすら前進あるのみです!!英語のシンプルな考え方を教えてくれる本でした。ありがとうございました。別テーマで聞きにいった講演で英語勉強法の話になり!たまたま最近やっと重い腰を上げて英語の勉強を始めていたので!とても感銘を受けました。覚えるのではなく、覚えてしまうまで、ひたすら“眺める”ということ。この本の英語勉強方のキモはこの二つです。使っていない、満足に勉強していない英語が話せない、聞けないのは当たり前ですよね。40歳を過ぎてのスタートですが!何となく頑張れそうな気にしてもらえました。「わからなくても良い。(−★)作者の経歴と”シンプル”というタイトルに惹かれて購入しました。そういうことなんだと思わせる内容で!一度は読んでおきたい本です。特別なことは書かれてませんでした。これなら今度こそ英語を上達できるかなと期待できるものとなっております。私自身は特に英語で仕事をする予定はないので、取り入れられそうなところを真似して毎日継続して取り組んでみようと思います。もっと端的に言えば!「一気呵成」でしょうか。大した内容ではなく!読んだ内容も忘れてしまうといった感じ。肝心の本の内容についてですが、私は大変参考になりました。」「覚えなくても良い。毎日こんなに使っていても!日本語だってうまく使えないことがある。そして、やることは徹底的にやる。意味が全部分からなくても、立ち止まらずに読み続ける。一気呵成に読めますが!値段の割には!少し物足りない思いも。話せない人よりは話せる人になりたいとシンプルに思えました。本文にも出てくる言葉ですが、この一語に尽きます。。題名通り!シンプルな勉強法が紹介されており!早速勉強にとりかかりたいと思わせてくれる内容でした。ただ文書量は!新書にしても少ない位の分量。この本を読んで英語を勉強する気になり!おすすめ教材を購入したりしてやってみましたが…続きませんでした。巧みなフォーマットも手伝って!内容も修得マニュアルも至ってシンプルでした。